10月の街コンにおすすめの男の服装!4つのアウターで全身コーデ

10月に入ると、街コンの参加者がドンドン増えます。

みんな、クリスマスまでに恋人を見つけたいと思うのでしょう。

今回は、そんな10月におすすめの街コン用の服装を5つ紹介したいと思います。

10月の街コンは大きなチャンス。

服装をビシッと決めれば、クリスマスまでに良い人と巡り会えるはずです。

王道のジャケットコーデ

10月の街コン用のジャケットメンズファッション

まず最初におすすめしたいのは、テーラードジャケット中心のコーデです。

ジャケットは女子ウケNo1の王道アイテム。

着ないのは損です。

※理由は「街コンに相応しい男の服装とは」参照。

ジャケットを着こなすコツは2つ。

シンプル

モノトーン

10月の街コンにおすすめの男の服装

グレーのジャケットなら、インナーは無地の白Tシャツ。

下は黒のテーパードパンツが良いでしょう。

靴も白か黒にすれば、全身モノトーンでまとめたシンプルコーデが完成です。

黒のジャケットでも基本は同じ。

例えばインナーに白のニットを合わせてもOK。

白ニットと黒ジャケットで10月の街コン全身コーデ

下はグレーっぽいテーパードパンツや、ジャケットと同じ黒いズボンが合います。

どうですか。

意外と簡単ですよね。

とりあえずシンプルなTシャツの上にジャケットを羽織ればなんとかなる。

実はジャケットって、ファッションが苦手な人でもカッコよくなれるお助けアイテムだったのです。

何度も言いますが、ジャケットは女子ウケNo1の王道アイテム。

街コンで着ないのは損です。

私が見てきた参加者の中にも、ジャケットを着たら出会いをゲットできた人がいます。

私服用のジャケットがない人は、必ず1着は用意してくださいね。

ニットカーディガンでキレイめカジュアル

10月の街コンにニットカーディガンの全身コーデ

次に紹介するのは、ニットカーディガンを使った全身コーデ。

ジャケットよりもカジュアルで気軽な雰囲気になるので、普段着としても着やすい服です。

基本は先ほどのジャケットと同じ。

シンプル&モノトーンを意識してまとめるとセンスがない人でも大丈夫です。

10月の街コンにおすすめのメンズファッション

黒っぽいニットカーディガンに、無地のワッフルTシャツ。

下は黒のテーパードパンツが良いでしょう。

靴は革靴などの大人っぽいデザインのものがおすすめです。

スニーカーにしてしまうとカジュアルになり過ぎることがあるので要注意。

10月の街コン用メンズファッション

どうしてもスニーカーを履きたいなら、黒っぽくてシンプルなものにしてください。

ただし、街コンで一番おすすめなのはジャケットコーデです。

ニットカーディガンは、2回目デートぐらいで着たほうがいいかもしれません。

特に体型がぽっちゃりしている人は、ジャケットを着たほうが体型カバーしやすいですよ。

デニムジャケットで爽やかに

10月の街コンにデニムジャケット

もっと若い感じの服装が良い。

そんな人にはデニムジャケットがおすすめです。

デニムジャケットにも色々ありますが、街コンに着ていくなら黒っぽいデニムジャケットがベスト。

青いデニムジャケットはラフ過ぎます。

普段着なら問題ありませんが、初対面の人ばかり集まる街コンという場所では不利です。

清潔感を高めるコツは、シンプル&モノトーン。

自分のセンスに自信があるなら話は別ですが、ファッションが苦手なら基本を守ってくださいね。

10月の街コン用メンズファッション

インナーはモノトーンのボーダーTシャツ。

もしくは無地の白Tシャツも合います。

下は写真のようにベージュのチノパン。

もちろん黒のズボンも合いますよ。

下もジーパンにするという手もありますが、あまり街コン向けではありません。

特に青いジーパンは街コンでは不利になる可能性があります。

詳しくは「街コンにジーパンで行くと失敗する!?」をご覧ください。

あえてリスクを高める必要はありません。

清潔感を重視して、シンプル&モノトーンを追求したほうが街コンでは有利になるでしょう。

ストライプシャツで上級ファッション

ストライプシャツで10月の街コンメンズファッション

最後に紹介するのは、ストライプシャツを使った全身コーデ。

チェックシャツではダメですよ。

街コンでの女子ウケを意識するなら、カジュアル要素が薄いストライプシャツのほうが有利です。

ただし、シャツは意外と着こなすのが難しい服です。

ここでは2つのことを覚えてください。

・インナーは同系色

・下は黒のパンツ&靴で揃える

シャツを羽織るファッションは、インナーを間違えると大惨事。

センスに自信がある人以外は、写真のようにシャツと同系色でシンプルなものを合わせましょう。

10月の街コンにおすすめの男の服装

下はシンプルに黒一色で統一。

そうすればラフすぎず、街コンでも通用するコーディネートが可能です。

まずは個性よりシンプルさを追求が正解

いかがでしょうか。

街コン向けのファッションは、シンプルでカジュアル要素を減らすのが王道です。

どうしても自分でコーデする自信がないなら、下記通販サイトを利用してみてはどうでしょうか。

プロが用意したコーデをセットで買うことができます。
↓↓↓↓
街コン向けの全身コーデを買える通販サイトはこちら

清潔感のある男の服装とは具体的にどんなものか<写真あり>

街コンで出会いをつかむ男性を増やすために始めたこのブログ。

これまでも何度か清潔感というキーワードが出てきました。

以前、「街コンに相応しい服装とは」の中で清潔感ではなく不信感を与えない服を意識すべしというお話をしました。

街コンに来る女性は、初対面の男性の人柄を短い時間で判断しないといけません。

そのため、男性のファッションの影響を強烈に受けているんです。

今回は、もっと具体的に清潔感のある服装について掘り下げたいと思います。

ファッションの基本は3首・手首・足首を意識すること

地味な印象からオシャレな男性にイメチェン

ファッションにはいくつか法則があります。

全体的なシルエットもその一つ。(詳細はシルエットの基本を参照)

そして、首、手首、足首の3首を意識することも大切な要素になっています。

上着の袖が長かったり、ズボンの丈が長いとシルエットが崩れて清潔感は薄れていきます。

また、首周りがヨレヨレになっていたり、汚れていると大きなマイナスです。

ダボダボのパンツ

人の目線は先端に向きやすいので、3首が整っているかいないかで印象がガラッと変わります。

そのことに気づいていなくて、街コンで出会いを失った人を何人か見てきました…

丈の長さを意識すると印象が変わる

一番気をつけて欲しいのがズボンの丈です。

以前、「街コンに黒スキニーパンツがおすすめ」でもお話しましたが、ズボンの着こなしでファッションの印象は大違いです。

この丈があっていないズボンの着こなし。

丈があっていないズボン

次にこのスッキリしたズボンの着こなし。

黒スキニーパンツ

随分印象が違うでしょう?

クシュクシュッとしたズボンをカッコよく着るコーデもできますが、街コンには不向きです。

上着も同じです。

特にパーカーなど、丈が長めでゆったり着ている人がいますよね。

きちんとコーデできるならそれでも良いんですが、多くの人は単にだらしない服装になっています。

2014年以降、七分袖シャツが男性の間で流行っているのはご存知でしょうか。

今ではすっかり定番のアイテムになっていますよね。

街コンと七分袖シャツ

七分袖シャツは手首がスッキリ見えているので、自然と清潔感があるように見えます。

春や夏の街コンでは女子ウケがいいので、ぜひ活用したいアイテムです。

(肘が見える半袖は子どもっぽくなりやすいので要注意)

無地の服を増やしていこう

4月の街コンの服装

清潔感をアピールするなら、服は無地のものを選びましょう。

デザインが派手なほど、清潔感は薄くなります。

特にTシャツは要注意。

風景や英語の単語がデザインされた服を持っている人が多いと思いますが、街コンに着て行くのはやめましょう。

こういうTシャツのほうが、街コンでは有利です。

無地のTシャツ

特に30代男性は、街コンでデザインTシャツを着るのはNGです。

私生活がだらしない人に見えたり、貧乏そうに見えるんです。

特に、隣の席の男性がジャケットでビシッとした服の場合は最悪。

4月の街コンの男の服装

あなたは座った瞬間から勝負に負けている…なんてことも起こります。

以前、街コン常連になってしまっていた人の服がひどいので、次回はスーツを着たらどうかと提案したところ、上手く行ったことがありました。

街コンでスーツはかなりの少数派なのですが、清潔感がないダサい服装よりマシです。

清潔感のある服装を自力で作るのは、思っている以上に難しいです。

手っ取り早くイメチェンしたいなら、下記サイトで全身セットの服を1つ買うのが楽ですよ。

街コン向けの全身コーデが買える『メンズファッションプラス』はこちら

合わせて読みたい

体重100キロ超え男の街コンファッション改革②【パンツをキレイめに】

体重100キロ超え男「おいどん」シリーズの第二話です。

前回はファッション改革に使った通販サイトを紹介しました。

今回からいよいよ具体的な話に入ります。

体重100キロ超え男はパンツのシルエットを意識しよう

おいどんさんのファッションで気になったのがパンツ(ズボン)です。

太い人は、どうしてもゆったりしたパンツを履きたがりますよね。

楽に履きたいのは分かるのですが、シルエットは意識しましょう。

こういう履き方はNGです。

体重100キロオーバーの街コンファッション

パンツがダボッとしたシルエットになると、全体的にラフすぎます。

以前「街コンに相応しい男の服装とは」でも話しましたが、清潔感がないと恋愛対象になりません。

清潔感とは「初対面同士で不信感を与えない服装」と言い換えてもいいでしょう。

街コンではお互いに、何も知らない状態から会話がスタートします。

好みの問題はどうしようもありません。

でも「この人怪しい」と思わせないことは可能です。

まずは「いい人そうだな」と思ってもらえる状態からスタートできるか。

街コンの服装はそういう意味があるのです。

ラフでカジュアル要素が強い服装は、それだけ不利になります。

大きいサイズでも細身のシルエットは可能

清潔感のある服装の基本は「細身」のシルエット。

服のサイズの大きさとシルエットの「細身」は別ですのでご安心ください。

シルエットのイメージはスーツ姿。

太っている人でも、スーツ姿ならシルエットがスッキリしているでしょう?

体重100キロ超え男の街コンファッション

街コンに着て行く服も、これと同じことを目指します。

まずは、大きいサイズのパンツでも「テーパード」を履きましょう。

さらには、色は濃い目のほうがおすすめです。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

テーパードとは、足首に向かって細いシルエットになるパンツですね。

ウエスト部分が太くても、足首付近をスッキリ細身にすることで清潔感が生まれます。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

普通のストレートパンツを履くなら、ロールアップしましょう。

丈が余っているとカジュアル度が高まり、だらしなさが強調されます。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

ラフな服装は出会いの確率が10分の1になる

最近の街コンでは、ラフな服装の男性が増えました。

夏ならTシャツにハーフパンツ姿も珍しくありません。

そして残念なことに、そんな同性を見て安心してしまいます。

「次からもっと楽な服でもいいな」

そんな風に感じてしまう男性が多いこと多いこと…

スーツ姿の男性のほうが肩身が狭そうです。

体重100キロオーバーのおいどんさんも、この罠にハマっていました。

最初はスーツ姿で参加したのに、徐々にカジュアルな服装で参加するようになったのです。

でも、実際に出会いをゲットできるかとなると話は別です。

出会いのゲット率は、キッチリした服装の人のほうが何倍も上です。

そういう事実に気づかずに、ラフな服装で街コンに参加し続ける…

もったいない!

次の街コンまでに私服を買う時間がないなら、スーツ姿での参加をおすすめします。

例えスーツ姿があなた一人だったとしても、いい出会いをつかむチャンスは必ず上がります。

キレイなシルエットのパンツを買おう

私服は楽でゆるい感じのパンツしかない。

もしそうなら、ビジネスカジュアル風のパンツを買いましょう。

下半身がキレイめな服装なら、多少上半身がカジュアルでもバランスがとれます。

靴も同じですね。

履き古したスニーカーばかりではなく、きっちりしたデザインのものを揃えるべきです。

とはいえ、体重100キロ超えの人は服を探すのも一苦労だと思います。

第一話で紹介した大きいサイズ専門の通販サイトも利用して、まずパンツから改革しましょう。

>>おいどん第三話はこちら

街コンにジーパンで行くと失敗する!?意外な理由が判明

あなたは街コンで、どんなパンツ(ズボン)を履いていますか?

ジーパンでしょうか。

普通の合コンやデートならそれでも問題ありません。

でも街コンという場所に限ればNGです。

運営スタッフとして参加者を見てきた私に言わせると、ジーパンは出会いゲットの確率を下げる可能性が高いと考えます。

ジーパンの何が悪い!?

街コンではジーパンはNG

街コンという場に限れば、ジーパンには大きな欠点があります。

街コンでは女性は座ったままで、男性が席を移動する形式が多いですよね。

男性が立ち上がった直後、女性から見ると男性のジーパンが汚く見えやすいのです。

座っている女性から見ると、男性が席を移動している間は視界にジーパンが飛び込んできます。

街コンではジーパンを履くと嫌われる

目の高さに近いので、普段は気にならないレベルでも汚く見えてしまうことがあるのです。

例えばこういうシワとか。

色落ち具合とか…

座った女性から見たジーパン

ジーパンなんだから普通のことなんですが、いざ至近距離で見ると気にする女性が多いようです。

お互いが立ち上がった状態なら気にならないんですが、男性が立っていて女性が座っている状態では見え方が違います。

男性が全員ジーパンなら差は生まれません。

でも実際にはスラックスなど綺麗に見えるズボンを履いている男性もいるのです。

きれいなシルエットのズボンと比べてしまうと、ジーパンはどうしても清潔感がないように見えてしまうようです。

成功率を高めるズボンとは

私服はジーパンしか持ってないという人も中にはいるかもしれません。

もし1%でも可能性を上げたいなら、ズボンは新しく手に入れたほうがいいと思います。

例えば、こんなズボンがおすすめ。

街コンにおすすめのズボン

黒のスラックス。

シルエットをよく見ると、足首に向かって細くなるテーパードになっています。

街コン用の服装を整えるなら、このようなテーパードパンツが必須。

足元をスッキリ綺麗に見せるだけでもセンスがよく見えますよ。

ジーパンで街コンに通用する清潔感コーデを作るには、高いテクニックが必要です。

ファッションに自信がない人ほど、ズボンはきれいめデザインを選ぶべきです。

服装を変えると女性の反応が変わる

街コンに参加者している男性を見ていると「もう少し服装に気を使えばいいのに」と思うことがよくあります。

ネットで検索すると「カジュアルな服装で良い」と書いてあったりしますが大間違い。

実際に街コンで女子ウケがいいのは、シンプルなきれいめファッションです。

4月の街コンの男の服装

ところが掲示板やSNSでは、こういう服装は「普通すぎ」「無難」などと言われることが多いのです。

なぜ現実とネットの口コミでズレが発生してしまうのか?

街コンという特殊な場所を考慮せず、女性の気持ちが分かっていないからです。

もしあなたが、自力できれいめファッションを作る自信がないなら全身コーデが買える通販サイトがおすすめです。

写真のとおりの服が買えるので、無駄な買い物をする必要がありません。

>>全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイトはこちら

童顔男性の街コン・婚活ファッション【ヨシマサの実話体験①】

元・街コン運営スタッフの視点から街コンでの男性ファッションについてお話しています。

私が実際に見た参加者の話をするシリーズ、今回から新しい男性のエピソードをご紹介します。

新シリーズは童顔男性の婚活

今回からお話するのは、童顔男性の「ヨシマサ」。

彼は恋愛経験が少ない男性です。

街コンや婚活パーティーに通っても成果が出ず、常連になっていました。

ジャケットを着てるのにぱっとしない

街コン常連客になってしまっていた頃のヨシマサさんのファッションはどんな状態だったのか?

実は悪くなかったんです。

・グレーのテーラードジャケット

・デニムパンツ

ズボンはカジュアルですが、綺麗なジャケットを着てビシっときめている…つもりでした。

ところが、実際に本人を見ると違和感がありました。

何故かだらしなく、魅力的に見えないファッションだったのです。

詳細は次回からお話しますが、服選びの時点で失敗していたんです。

以前「街コンの清潔感のある服装」という回をご覧いただいた人は、ピンと来たかもしれません。

サイズ感を意識していなかったのです。

ジャケットの肩幅や袖の長さが大きすぎて、ダボッとしていました。

女性から見ると、だらしない・覇気がない印象だったことでしょう。

服選びは値段ではない

ヨシマサさんの失敗コーディネート、総額10万円以上かかっていました。

ビックリしますよね。

確かに、一つ一つの服の質は良い物だったのです。

ただ、自分に合うサイズの服を選んでいなかった。

これだけで大失敗することがあるのです。

次回からのヨシマサさんの実話を通して深く掘り下げていきたいと思います。

基本的な考え方については「男の服選びのコツ…失敗する原因とは」にまとめていますので、そちらもご覧ください。

>>童顔男性ヨシマサの第二話はこちら