体重100キロ超え男の街コンファッション改革②【パンツをキレイめに】

体重100キロ超え男「おいどん」シリーズの第二話です。

前回はファッション改革に使った通販サイトを紹介しました。

今回からいよいよ具体的な話に入ります。

体重100キロ超え男はパンツのシルエットを意識しよう

おいどんさんのファッションで気になったのがパンツ(ズボン)です。

太い人は、どうしてもゆったりしたパンツを履きたがりますよね。

楽に履きたいのは分かるのですが、シルエットは意識しましょう。

こういう履き方はNGです。

体重100キロオーバーの街コンファッション

パンツがダボッとしたシルエットになると、全体的にラフすぎます。

以前「街コンに相応しい男の服装とは」でも話しましたが、清潔感がないと恋愛対象になりません。

清潔感とは「初対面同士で不信感を与えない服装」と言い換えてもいいでしょう。

街コンではお互いに、何も知らない状態から会話がスタートします。

好みの問題はどうしようもありません。

でも「この人怪しい」と思わせないことは可能です。

まずは「いい人そうだな」と思ってもらえる状態からスタートできるか。

街コンの服装はそういう意味があるのです。

ラフでカジュアル要素が強い服装は、それだけ不利になります。

大きいサイズでも細身のシルエットは可能

清潔感のある服装の基本は「細身」のシルエット。

服のサイズの大きさとシルエットの「細身」は別ですのでご安心ください。

シルエットのイメージはスーツ姿。

太っている人でも、スーツ姿ならシルエットがスッキリしているでしょう?

体重100キロ超え男の街コンファッション

街コンに着て行く服も、これと同じことを目指します。

まずは、大きいサイズのパンツでも「テーパード」を履きましょう。

さらには、色は濃い目のほうがおすすめです。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

テーパードとは、足首に向かって細いシルエットになるパンツですね。

ウエスト部分が太くても、足首付近をスッキリ細身にすることで清潔感が生まれます。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

普通のストレートパンツを履くなら、ロールアップしましょう。

丈が余っているとカジュアル度が高まり、だらしなさが強調されます。

体重100キロオーバー男の街コンファッション

ラフな服装は出会いの確率が10分の1になる

最近の街コンでは、ラフな服装の男性が増えました。

夏ならTシャツにハーフパンツ姿も珍しくありません。

そして残念なことに、そんな同性を見て安心してしまいます。

「次からもっと楽な服でもいいな」

そんな風に感じてしまう男性が多いこと多いこと…

スーツ姿の男性のほうが肩身が狭そうです。

体重100キロオーバーのおいどんさんも、この罠にハマっていました。

最初はスーツ姿で参加したのに、徐々にカジュアルな服装で参加するようになったのです。

でも、実際に出会いをゲットできるかとなると話は別です。

出会いのゲット率は、キッチリした服装の人のほうが何倍も上です。

そういう事実に気づかずに、ラフな服装で街コンに参加し続ける…

もったいない!

次の街コンまでに私服を買う時間がないなら、スーツ姿での参加をおすすめします。

例えスーツ姿があなた一人だったとしても、いい出会いをつかむチャンスは必ず上がります。

キレイなシルエットのパンツを買おう

私服は楽でゆるい感じのパンツしかない。

もしそうなら、ビジネスカジュアル風のパンツを買いましょう。

下半身がキレイめな服装なら、多少上半身がカジュアルでもバランスがとれます。

靴も同じですね。

履き古したスニーカーばかりではなく、きっちりしたデザインのものを揃えるべきです。

とはいえ、体重100キロ超えの人は服を探すのも一苦労だと思います。

第一話で紹介した大きいサイズ専門の通販サイトも利用して、まずパンツから改革しましょう。

>>おいどん第三話はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA