1対1街コンのコツは?成功しやすい3つの会話パターンを紹介

1対1の街コンのコツ

1対1形式の街コン。

男女ともに本気度が高いから、出会いにつながりやすい形式です。

ただし、出会いをゲットするためにはコツがいります。

2対2なら友達同士でフォローできますが、1対1だと自分が頑張るしかありません。

女性慣れしてない男性には大変です。

今回は、1対1の街コンで困らないように会話が盛り上がるパターンを3つ紹介。

相手との共通点がなくても打ち解けられますよ。

街コンは挨拶の場だ

1対1街コンのコツ

まず会話の3パターンを紹介する前に知っておいてほしいことがあります。

街コンはお互いを理解し合う場所ではありません。

初対面の他人から1歩進むための「挨拶の場」であると思いましょう。

どういうことか?

街コンの参加者を見ていると、必死で自己紹介している人が多いです。

相手への質問も、まるでインタビューのように情報を引き出して理解しようとしています。

1対1の街コンのコツ

実はこれ、大きな間違い。

究極的に言えばお互いのことを何も知らなくても、打ち解けられればOK。

お互いについて理解し合うのは、その先の話です。

1対1街コンで成功する方法

街コンで会話できる時間は非常に短いです。

せいぜい10分、長くても30分もないでしょう。

そんな中でできることは、初めて会った瞬間よりも打ち解けてスムーズに会話できるようになること。

挨拶の延長ぐらいのつもりでOKです。

そのことを頭に入れた上で、以下の3パターンを見てくださいね。

パターン①雰囲気を褒めてスタート

最もおすすめなのが、相手の雰囲気を褒めてから会話をスタートすることです。

以前「会話が続かない人へ」でも言いましたが、まずはお互いの緊張をほぐすのが大事。

相手を褒めることで、会話がスムーズになります。

相手を褒めるといっても、なんでも良いわけではありません。

明らかなウソは逆効果。

特にいきなり見た目を褒めるのは「何だこの人」と思われる可能性があるのでやめましょう。

褒めるなら雰囲気です。

「すごく上品な感じですね、お仕事はピアニストですか?」

本当にピアニストである可能性は低いでしょう。

でも、これでOK。

相手がクスッと笑ってくれれば、緊張感が和らいで話しやすくなります。

地味な感じの人だったら「知的な感じですね」とか。

オシャレな感じだったら「すごくオシャレですね、スタイリストさんですか?」なんていうのもありです。

相手を褒めると、自然な流れで会話に入れます。

職業の話に結びつけてもいいし、趣味の話に持っていってもいいでしょう。

営業トークしろとは言いませんが、おもてなしの気持ちで相手に接してくださいね。

パターン②素朴な気持ちで場をつなぐ

初対面の異性と1対1で話し続けるのは難しいです。

ふと、沈黙してしまう瞬間もありますよね。

そんなときに場をつなぐのに便利な方法があります。

素朴な気持ちを伝えることです。

「なんだか緊張しちゃって…照れますね」

「こういうとき、どんな話をしたらいいのか迷いますね」

こんな風に、飾らずに自分の不安や緊張していることを伝える。

これも立派な戦術です。

良いところを見せようと身構えて話してしまうと、相手も身構えてしまいます。

なかなか本音の話ができません。

自分から素朴な気持ちを話して構えをとけば、相手の緊張感も少し減ります。

パターン③会場近くの情報をネタにする

会話が苦手な人は、相手との共通点を探そうとして失敗しがちです。

初対面の相手と共通点が見つかることは少ないので、会話に詰まってしまいます。

そこで考え方を変えましょう。

1つ、誰にでも通用する会話のネタを用意しておけばいいのです。

例えば街コン会場周辺のカフェの話とか。

もうすぐ行われるイベントの話でもいいと思います。

「この近くに、オシャレで美味しいカフェがあるよ」

「あの店の限定スイーツ食べたことある?」

「今度こんなイベントがあって…」

お店の話やイベント情報なら、デートに誘う口実にもなります。

集めておいて損はありません。

メッセージカードは必ず使い切ろう

街コンのメッセージカード

1対1の街コンでは、最後にカップリングを行うことが多いです。

でも、それとは別にもう一つアプローチの機会があります。

それがメッセージカードです。

メッセージカードとは、最後のカップリングとは別で異性に連絡先を渡すためのもの。

会社によってアプローチカードなど呼び方は様々ですが、1対1の街コンではよく見かけます。

街コンのメッセージカード

最後にカップリングできなくても、合コンをセッティングできるかもしれません。

返事が返ってきたらラッキーぐらいのつもりで、どんどん活用すべきです。

第一印象カードは多めに丸をつけて

街コンの第一印象カード

1対1の街コン(婚活パーティ)では、途中で第一印象カードを記入することがあります。

意外とこのカード、上手に活用していない人が多いです。

この段階では、相手を絞り込む必要はありません。

なんなら全員に丸をつけてもいいぐらいです。

相手が好みのタイプではなくても、合コンで交友関係を広げられるかもしれません。

話しているうちに、良いなと思う可能性だってあります。

自分から出会いのチャンスをシャットアウトすることがないようにしてくださいね。

自分の笑顔を最近いつ見た?

会話ネタを用意しても、まだ万全ではありません。

笑顔がない男性は、どんなに頑張っても不利になってしまいます。

当たり前のこと?

そう、当たり前なのですができていない男性は多いですよ。

参加者を見ていると、きちんと笑顔で接している男性は7割ぐらいでしょうか。

10人中3人ぐらいは無表情で会話しています。

本人の自覚がないところが、見ていて辛いです。

あなたは最近、自分の笑顔を鏡で見ましたか?

笑顔が苦手な人でも練習すれば、必ずできるようになります。

街コンでは笑顔をキープ。

笑顔をマスターしただけでも結果は変わります。

服装は20代前半と同じじゃダメ

8月の街コンにTシャツはリスクがある

会話内容に重点を置いてお話しましたが、上手くいくイメージができたでしょうか。

最後に一つだけ付け加えるなら、服装です。

服装で失敗してしまうと、相手の女性は一気に引いてしまうので注意しましょう。

特に20代前半の頃から服装が変わっていない人は要注意。

今のあなたに合っていないですよ。

アラサー以上の男性の服装は清潔感が命。

いつまでもロゴTシャツやパーカーを着ていたら、汚いおっさん化してしまいます。

清潔感がある服装とは何か?

詳しくは「おすすめの服・コーデ」をご覧ください。

男性介護福祉士は街コンでモテない?結婚できた人の実例を紹介

男性介護福祉士は街コンでモテないのか

昨日、こんな質問が届きました。

「男性介護福祉士は、街コンではモテないですか?

結婚したいのに出会いがなくて…」

これから街コン・婚活パーティに参加し始める人は、不安がいっぱい。

男性介護福祉士は実際どうなのか?

私が過去に見た参加者を例にご紹介します。

女子ウケはイマイチだがチャンスあり

まず結論から言います。

男性介護福祉士は、女子ウケという意味ではあまり期待できません。

世間の介護福祉士のイメージは「大変そう」「給料が少なそう」というのが大半だと思います。

尊敬はしてくれるのですが、決してモテるというイメージではありません。

ただし、チャンスはあります

街コン・婚活パーティという場所の特殊性を理解して、しっかり対応すれば彼女はできます。

実際、私が過去に関わった人の中にも男性介護福祉士の人がいました。

ここでは仮にAさんと呼びます。

最初は成果が出なかったAさんですが、あるポイントを意識することでガラッと変わりました。

Aさんが意識した3つのポイント

男性介護福祉士はモテないのか

なかなか成果が出なかったAさん。

そんなAさんが変わるきっかけは、たったの3つです。

・仕事内容の伝え方

・休日の過ごし方をどう語るか

・服装を清潔感重視にイメチェン

前半2つは会話の内容ですね。

最後の一つは身だしなみです。

あなたにも意識してほしいのが、この3つです。

短時間でどんどん相手が入れ替わる街コンでは、いかに相手の女性と打ち解けられるかが勝負のカギ。

不信感や不快感を与えてしまったら、即終了です。

この3つで好感度を上げることができれば、少なくとも食事デートに誘うことは可能です。

さっそく、中身について詳しくみていきましょう。

仕事内容は明るい話題を話そう

自己紹介するとき、必ず仕事についても触れますよね。

その際、介護福祉士の人が絶対に言ってはいけないことが2つあります。

・仕事の愚痴、苦労話

・利用者の悪口

介護福祉士の仕事は、体力的にも精神的にもキツイことがたくさんあります。

でも、街コン・婚活パーティ中は絶対に苦労話や愚痴を言ってはいけません。

女性から見ると、暗くて無気力な男性に見えてしまうからです。

暗い男はモテない

Aさんも、最初の頃は苦労話をすることが多かったのです。

「休みがなくて大変」

「腰痛が悪化して辛い」

「残業ばかりで、最近寝てない」

…こんな後ろ向きなネタをよく話していました。

ちょっと相手の女性の立場になって想像してみてください。

こんな話ばかり聞かされたらどう思うでしょうか。

Aさん本人は「できる男」を演出しているつもりなのかもしれませんが、逆効果。

女性から見れば単に「くだびれた男」です。

同情することはあっても、恋愛対象として見れなくなってしまいます。

街コンでモテる男性は、自分の仕事を楽しそうに語ります。

前向きな姿勢で働いている男性は魅力的です。

そこでAさんにも意識改革をしてもらいました。

愚痴を封印して、仕事中に楽しい気持ちになれた瞬間を語ってもらったのです。

大げさなエピソードはいりません。

小さな話題で大丈夫。

「利用者さんからお礼を言ってもらえた」

「介護の知識が増えた」

「利用者さんと一緒に歌を歌った」

聞いている人が、明るくほのぼのした気持ちになれるような話題がベスト。

自分の仕事を笑顔で明るく話す。

これができるだけでも、一歩リードです。

同業者でも愚痴大会はダメ

実は街コンや婚活パーティーでは、男女問わず介護職の人をよく見かけます。

相手の女性が同業者ということもあるでしょう。

Aさんの場合も、相手が同業者だと仕事の愚痴大会で盛り上がることが多かった。

下手すると愚痴の言い合いだけで時間が終わっていました。

これは絶対にNG。

暗い気持ちを共感しても、その先につながりません。

相手が同業者だからこそ、仕事について前向きな気持ちになれる話をするべきです。

愚痴ばかり話していると、クセになってしまいます。

意識して前向きな話をするべきです。

そのためには、街コンに参加する前に嬉しかった出来事を思い出しておきましょう。

差し入れのお菓子が美味しかった…みたいな小さなエピソードでもOK。

共感するなら、明るい気持ちにしましょう。

休日の過ごし方は小さな楽しみを語る

街コン・婚活パーティーで話す話題は仕事の話だけではありません。

プライベートの話もするはずです。

そこでも先ほどと同じように、明るい気持ちになれるエピソードを話しましょう。

間違っても、初期のAさんのように「休日は疲れて寝てばかりです」なんて言わないこと。

相手はドン引きです。

インドアで過ごすことが多い人でも、何か楽しみにしていることがあると思います。

例えばお気に入りのユーチューバーの話でもOK。

いつも見ているテレビ番組の話題でもいいでしょう。

Aさんの場合「YOUは何しに日本へ」という番組の話をしたところ、意外と見ている女性が多くて盛り上がっていました。

プライベートの話題をするなら、小さな楽しみを具体的に話すこと。

共感してもらえたらラッキーだし、そうでなくても楽しい話題は聞いていて気分がいいです。

相手との距離がグッと縮まります。

>>街コンで会話が続かない?簡単な解決方法を3つ紹介

清潔感を意識した服装に変えた

最後のポイントは服装です。

Aさんの場合、服装のイメチェンが最大の課題だったかもしれません。

街コン・婚活パーティの服装は自由。

でも、清潔感がない男性は恋愛対象から外されてしまいます。

では清潔感とはなにか?

一言で言えばきっちりした服装です。

逆に言えば「楽な服装=清潔感が薄い」と考えて良いと思います。

スーツ姿のおじさんは威厳がありますが、休日のおじさんはだらしない。

そんなイメージです。

清潔感がない男性

特に顔がイケメンではない人やスタイルに自信がない人は、カジュアルな服装は不利です。

カジュアルな服で清潔感を出すには、テクニックが必須。

あえて難しい方法に挑戦する必要はありません。

特に街コンのような短期決戦の場所では、失点しない服装が大事。

お店で例えると分かりやすいでしょうか。

例えば、高級お寿司屋さんに行ったのに板前の服がヨレヨレのタンクトップ姿だったらどうでしょう。

寿司

「この店大丈夫か?」と不安になりますよね。

それと同じ現象が、街コンや婚活パーティでも起こるのです。

Aさんの場合、ジャケット中心の「ビジネスカジュアル」「きれいめカジュアル」に変えたことで成功率がグッと上がりました。

私服でジャケットを着ない人は、これを機に試してください。

失敗が多い服装と言えばジーパン。

普段なら何の問題もありませんが、街コン・婚活パーティでは思わぬ落とし穴が待っていることがあります。

詳しくは「街コンにジーパンで行くと失敗する!?」をご覧ください。

街コンに合う服装を知ってほしい

地味な印象からオシャレな男性にイメチェン

いかがでしょうか。

街コンでは見た目が9割と言われます。

しかし正確に言うと「顔5割・服装4割・会話1割」です。

人は初対面の人を見た時、服装を含めた外見で相手のことを判断します。

「このひとは頭良さそう」

「このひとは貧乏っぽい」

「なんか、軽そう」

「誠実そうで生活力はありそう」

かわいい・かっこいいという問題だけではないんです。

人柄も外見で判断されてしまいます。

街コンでは相手に不信感を与えない服装が絶対条件。

あなたが清潔感がある服装をしていれば、女性は「この人は誠実そう」と思ってくれます。

それができないと、いくら盛り上がっても結婚対象外です。

具体的にはどんな服を着ればいいのか?

詳しくは「メンズスタイル(MENZ-STYLE)がダサいなんてウソだぞ!街コンでの評判を紹介」をご覧ください。

手っ取り早く街コン向けのファッションが欲しい人は、全身コーデセットが充実しているファッション通販サイトが便利です。
↓↓↓↓
全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイト『メンズファッションプラス』

街コンが意味がないって?それは負け惜しみってやつです

街コンは意味がないというのはウソ

昨日、当ブログにこんなコメントが届きました。

「街コンって意味ありますか?

行っても成果がないし、いい人もいない。」

なかなか痛烈な意見ですね。

もしかすると、今このブログを読んでいるあなたも同じ思いなのかもしれません。

今回は、意味がないという意見に真っ向から反論させていただきます。

2016年に結婚した人の11.3%が婚活サービスを利用

まずはデータを元に反論したいと思います。

リクルートブライダル総研が調査を行ったところ、2016年に結婚した人の11.3%が婚活サービスを利用したことが分かりました。

ちなみに、2016年に結婚したカップルは約62万組。

単純計算で、6万組以上のカップルが何らかの婚活サービスを利用している計算になります。

(引用元:リクルートブライダル総研PDF

街コンとフリーター

ただし、婚活サービスには結婚相談所なども含まれます。

街コンや婚活パーティーに意味があるというなら、もっと絞り込まないといけませんね。

同じ調査で、婚活サービスの内訳も書いてありました。

街コン・婚活パーティーがきっかけで結婚したと回答した人は、18.7%

まずますの数字だと思いませんか?

日経新聞の結婚率3%の意味

街コンの結婚率

街コンと結婚率のデータで有名なのは、2013年に日本経済新聞が行った調査です。

当時の街コンに関するアンケート結果の概要はこちら。

(引用元はこちらを参照)

後日デートした人:35.2%

恋人ができた人:9.2%

結婚または婚約した人:3,4%

実はこの数字、2018年現在ではあまり参考になりません。

というのも、この調査は100人以上の大規模街コンを対象とした調査。

それ以下の街コンは対象外なのです。

街コンは、大規模なものだけではありません。

街コンと言いつつ、100人以下の小規模な街コンも増えました。

婚活パーティーと区別するのも難しいイベントがたくさんあります。

さらにいえば、2013年当時と2018年現在では参加者の人数や年齢層も違います。

参加者は当時より倍増しているし、年齢層も幅広くなりました。

状況がかなり変わったので、当時の数字は参考程度と考えたほうが良さそうです。

とはいえ、前回の調査結果も悪くないと思いませんか?

恋人ができた人は9.2%もいます。

つまり、10人に1人に近い割合です。

街コンから合コンにつなげる

街コンも婚活の一つなので、結婚できた割合だけが強調されがち。

でも実際は恋人ができたら「行ってよかった」と思いますよね。

恋人ができたけど結婚できないかもしれないのは、街コン以外でも当たり前のこと。

3%という数字だけを見て「成功率が低い」というのは、ちょっとフェアではありません。

異性と話すと経験値がたまる

異性との会話に慣れていない人は、10秒話せば分かります。

緊張で挙動不審になるからです。

慣れている人と比べると明らかに空回り。

なかなか会話のキャッチボールができない人が多いです。

ところが街コンや婚活パーティーに3回ぐらい通うと、慣れてきます。

人見知りでも、5回も通えば自然な感じで話せます。

それぐらい、街コンでは濃密な経験値がたまるのです。

何十人もの異性と、短い時間の中で会話する。

しかも全員が初対面。

日常生活の中で、こんな経験はできません。

街コン・婚活パーティーだからこそできることです。

たった2時間でも、日常生活の数ヶ月分に匹敵するぐらいの経験になることでしょう。

たくさん失敗します。

でも、時々はスムーズに会話できた瞬間もあったはず。

成功と失敗を繰り返すこと。

異性との会話に慣れるころには、良い出会いをつかむチャンスがあるはずです。

>>街コンで会話が続かない?簡単な解決方法を3つ紹介

身だしなみが変われば生活が変わる

服屋のハンガー

あなたは普段、私服のコーディネートをどれぐらい意識しているでしょうか?

街コンに参加すれば、必ず服装を意識します。

自分の服装がダメなことに嫌でも気づかされる…と言ったほうが正確かもしれません。

異性との出会いが全くない男性は、服装の清潔感がどんどん無くなっていきます。

清潔感がない男の服装

洗濯してるとか、そういうレベルの話ではないですよ。

楽な服装ばかり着ていると、パッと見たときの雰囲気が暗くて汚い感じに見えてしまうのです。

顔を変えることはできませんが、服装を変えるのは誰でもできます。

詳しくは「メンズスタイル(MENZ-STYLE)がダサいなんてウソだぞ!街コンでの評判を紹介」をご覧ください。

そもそも他に手段はあるの?

それでもまだ、街コンに行っても意味がないと主張する人もいるかもしれません。

主張するのは良いのです。

でも、他にもっと良い手段を確保してくださいね。

何の手段もないのに言っているとしたら、とても心配です。

怖いのは、何も行動せずに年をとること。

他人の行動を否定すれば一瞬だけ気が晴れるかもしれませんが、恋人はできません。

私が見てきた参加者の人達は、決してモテるタイプではありませんでした。

すぐには上手くいきません。

何度も失敗を繰り返しながら、少しずつ変わっていったのです。

今は街コン以外にも色々なサービスがあります。

何もしなければ、何も変わりません。

単に否定するだけで終わらず、何か新たな行動を起こしてください。

【with】心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス
メンタリストDaiGo監修。運命よりも確実な出会いを!

公務員(市役所)なのに街コンでモテない!3つの理由を解説

公務員なのに街コンでモテない理由

昨日、こんな質問が届きました。

「街コンで10連敗中です。

公務員は婚活で有利と聞いたのに、なぜでしょうか?」

詳しく話を聞くと、市役所で働いている男性でした。

一般的には「公務員=街コンでモテる」というイメージですが、実はそうでもありません。

公務員男性にありがちな、3つのダメポイントを解説します。

仕事内容の伝え方がダメ

公務員男性がモテない理由

まずは、一番やりがちなミスをご紹介したいと思います。

自己紹介するとき、必ず自分の職業を紹介しますよね。

ここで大きなミスを犯しているのです。

公務員なのにモテない男性は、こんな話をしがちです。

「実は残業が多くて大変なんです」

「無理難題を言う市民が多くて…」

「仕事は大したことないですよ、地味な作業の連続です」

街コンでモテない男性は、必ず後ろ向きな話をします。

普段から苦労自慢しているのでしょうか、つい街コンでも苦労話をしてしまうのです。

公務員なのに街コンでモテない理由

残業やクレーマーの話なんて、他人が聞いても楽しいはずがないですよね。

本人は「頑張ってる自分」をアピールしているつもりかもしれません。

でも女性から見れば「愚痴っぽい暗い男」にしか見えません。

3つ目の、謙遜する人もプラスにはなりません。

聞いていて楽しくないからです。

仕事は地味で疲れることの連続なのは公務員以外でも同じこと。

働いてる女性にとっては、ウンザリすることでしょう。

公務員でモテる男性は、こんな話をしています。

「働いてると、地域の隠れた魅力に気づいた」

「仕事を通じて、市民の人に喜んでもらえて嬉しかった」

「地味に見える仕事が、こういう分野で役立っているんだよ」

モテる男性は、楽しくて前向きな話をします。

「最近忙しくて寝てない」なんて、どうでもいい話は絶対にしません。

やりがいを感じて働いている男性は魅力的です。

話を聞いていると、ワクワクしてきます。

話している本人も、気持ちが明るくなって良い笑顔が自然と出てくる。

笑顔で親しみやすさがアップして、女性と仲良くなれる好循環が生まれます。

相手の仕事について質問するときも注意

2つ目のダメポイントは、相手に質問する内容です。

相手の仕事について、こんな質問をしていませんか?

「職業は○○ですか。

大変そうですね、残業は多いですか?」

相手の仕事を聞いたあと、なぜか苦労話を聞き出そうとする…。

これでは女性の気分は重くなるだけ。

話が盛り上がるはずもない。

街コンとフリーター

自己紹介もそこそこに、旅行先の話とか別の話題に移ることになるでしょう。

相手になにか質問するときは、楽しいエピソードを引き出すことを心がけてください。

仕事について聞くなら、仕事をやっていて良かったこととか。

聞けることはたくさんあるはずです。

どうしても前向きな質問が思い浮かばないなら、褒め倒すのもありです。

「笑顔が素敵ですね」

「優しい話し方ですね」

「職場でも頼りにされてそうですね」

とにかく褒める。

最悪、これだけで持ち時間を使い切っても構いません。

愚痴っぽい暗い話を続けるよりは100倍マシです。

街コン・婚活パーティーではお互いを理解するより、打ち解けることに専念する。

これが次につなげるコツです。

服装がパッとしない

暗い男はモテない

1つ目、2つ目は会話の内容についてでした。

最後のポイントは、服装です。

街コンに来る男性の8割は服装が残念です。

この状況をなんとかしたいというのが、当ブログを作るきっかけでもあります。

街コン・婚活パーティーに参加する男性は、みんな身だしなみを意識しています。

ところが、気をつけるポイントがズレている。

そんな男性が多いです。

例えば、パーカーを愛用している人。

パーカーは街コンに着ていくと不利になりますよ。

街コン・婚活パーティーではジャケットを着たほうが絶対に好感度が高いです。

カジュアル要素を減らしたほうが、清潔感がアップします。

4月の街コンの男の服装

私服でセットアップコーデを試したことはありますか?

以前「街コンでGUのセットアップは通用するのか?」という話をしましたが、セットアップは街コンで好評です。

街コン・婚活パーティーでの服装は、日常生活と同じように考えてはダメです。

とことん清潔感にこだわる必要があります。

ファッションセンスに自信がない人へ

4月の街コンにおすすめの男の服装

いかがでしょうか。

街コン・婚活パーティーでは会話の内容と服装が大事。

まずは前向きな話をできるように、自分の仕事について振り返ってみましょう。

小さなエピソードでも良いのです。

ちょっと褒められたこと

働き始めてからわかったこと

人脈が広がった

これらを話すだけでも、十分に場が持ちます。

街コンとフリーター

服装については、まだピンとこないかもしれません。

ファッションに自信がない人は、ぜひ「メンズスタイル(MENZ-STYLE)がダサいなんてウソだぞ!街コンでの評判を紹介」をご覧ください。

街コン用の服装について、重要なポイントを解説しています。

彼女いない歴=年齢が街コン・婚活パーティーで出会いをつかんだ3段階作戦とは?

彼女いない歴=年齢が街コン・婚活パーティーで成功

「彼女いない歴=年齢の男が街コン・婚活パーティーに行って上手くいくのか?」

女性慣れしていないと、不安ですよね。

何をどうしたらいいのか想像できないかもしれません。

確かに事前準備なしだったら成功率は低いでしょう。

でも、ちょっとした工夫で出会いをつかむ確率をグッと上げることは可能です。

今回は多くの参加者を見てきた私の経験から考えた「出会いゲット3段階作戦」についてお話します。

ステップ①立食形式で偵察

彼女いない歴=年齢が街コン・婚活パーティーで成功

まず最初の街コンでは、周囲の偵察を行うことをおすすめします。

異性だけでなく同性にも目を向けて、良いところを自分に取り入れる作業をすると次につながりますよ。

初回から出会いを探そうとしても、上手くいかない確率が高い。

それなら、次回以降の成功確率を上げるための準備だと割り切ってしまえばいいんです。

練習だと思えば、初めてでも気が楽になります。

偵察してほしい内容は、次の3つです。

・感じの良い男性はどんな服装か

・女性とどんな会話をしているのか

・会話中の表情

街コンや婚活パーティーでは、日常生活の何倍も見た目が大事です。

とは言っても、イケメンでなくても良いのです。

大事なのは雰囲気作り。

地味な印象からオシャレな男性にイメチェン

同性から見ても感じの良い男性っていますよね。

特にイケメンでもないし、話術がすごいわけでもないけど親しみやすい人。

そういう人は、親しみやすい雰囲気作りが上手いのです。

特に注目してほしいのは服装。

服装で失敗するとスタートラインに立てません。

以前「メンズスタイル(MENZ-STYLE)がダサいなんてウソだぞ!」という記事を書いたときも言いましたが、服装を変えるだけでも女性の反応が変わります。

かっこいい服装は必要なし。

大事なのは「相手を不快にさせない・警戒させない服装」です。

感じが良い男性は、服装に気を使っています。

会場の中で感じが良い同性がいたら、ぜひ服装を覚えて真似してみてください。

ファッションは真似から入るほうが確実に良くなります。

彼女いない歴イコール年齢と街コン

偵察で役立つのは、立食形式の街コン・婚活パーティー。

立食形式とは、ハッキリした席が決まっておらず、自由に場所を移動して軽食をとるスタイル。

人見知りの人は避ける傾向がありますが、周囲を見渡せるので偵察にはもってこいです。

初回は会話できなくていいです。

空気になってしまってもOK。

上手く異性と話せないなら、周囲を観察して場の雰囲気に慣れることから始めましょう。

ステップ②具体的な話のネタを準備

初回の街コンや婚活パーティーでは、偵察に専念しました。

見て終わり、ではダメですよ。

次に向けての準備を行う必要があります。

前回の出来事を思い出して整理しましょう。

・どんなことを聞かれたか

・周りの人はどんな話をしていたか

・盛り上がった話題は何か

街コンや婚活パーティーで大事なのは、会話の流れです。

会話の内容は大して重要ではありません。

スムーズに話が続いて、打ち解けられるかどうかがポイント。

話し上手ではなくても大丈夫。

ネタを準備しておけば、会話の流れを止めずに話せるようになります。

周りの人達はどんな会話をしていたでしょうか。

自分自身が女性と話していて、会話が続いた話題はあったでしょうか。

例えば食事の話題が多かったなら、食事関係のネタを集めましょう。

・あなたが行ってよかった店

・テレビで紹介された店

・こだわりの食べ物

例えばコーヒーが好きな人なら、会場周辺の美味しいカフェの情報を仕入れてみるのもいいと思います。

お店の話をしながら「この後行きませんか?」って誘うこともできます。

もし、ネタが思いつかなくても大丈夫。

共通点がなくても、会話がヘタでも場をつなぐ方法があります。

ポイントは相手を褒めること。

ちょっとしたことを褒めるだけで、会話がスムーズに続きますよ。

詳しく知りたい人は「街コンで会話が続かない!?簡単な解決策を3つ紹介」をご覧ください。

ステップ③食事なし・1対1で数をこなす

街コンと婚活パーティ

いろいろ調べて準備をしても、最後はやっぱり慣れが大事です。

女性との会話に慣れていない男性は、やっぱり不利。

成果を気にせず、数をこなす時期が絶対に必要になります。

とはいえ、街コンや婚活パーティーは無料ではありません。

何度も通うとなると、そこそこの出費になりますよね。

できる限り節約しつつ数をこなしたいときにおすすめなのは、食事なし・1対1形式の婚活パーティー。

食事付きより3千円ぐらい安いことが多いです。

数をこなすといっても、何も考えずに参加したらダメですよ。

考えなし・反省なしではお金の無駄です。

大事なことは、相手を喜ばせること。

営業トークではないですが、どんな相手でも一つは褒めて喜ばせてみてください。

「雰囲気が上品ですね、社交ダンスとかしてませんでした?」

「落ち着いた雰囲気ですね。話しやすいってよく言われませんか?」

こんな感じでOKです。

雰囲気を褒めるのは初対面の人相手には便利な褒め言葉。

相手を喜ばせることで会話の流れがスムーズになるし、自分の好感度も上がります。

笑顔で話すだけで有利になる

婚活

あなたは普段、自分がどんな表情で話をしているか自覚しているでしょうか。

今度街コンや婚活パーティーに行ったら、ぜひ周りの人の表情に注目してください。

真顔で話してる人、結構多いですよ。

暗い男はモテない

私の感覚では、約半分の男性が硬い表情をしています。

特に女性慣れしていない男性は要注意。

緊張するのは仕方ないですが、真顔で話すと「怖い・つまらなさそう」と思われてしまいます。

笑顔を心がける

相槌をしっかりする

これだけでも話の盛り上がり方が変わります。

最初は営業スマイルでも良いので、笑顔をキープする練習をしてください。

「笑顔が苦手」は単なる言い訳。

苦手だからこそ、できるようになれば成功率がグッと上がると思ってください。

品定めは出会いを遠ざける

彼女いない歴=年齢の男と婚活パーティー

何度参加しても恋人ができない人の口癖をご存知でしょうか。

「良い人がいない」

「ピンとこない」

こんな風に、自分からシャットアウトしている人が大勢います。

出会いを求めて参加しているはずなのに、いつの間にか自分から選択肢を狭めている…

これは慣れてくると誰もがハマる症状です。

私は「品定め症候群」と勝手に名付けています。

街コンや婚活パーティーは、短時間で多くの異性と出会います。

色々な人と話しているうちに、感覚がズレてくるのです。

「この人は好みじゃないな」

「雰囲気はいいけど、年齢がなあ…」

「職業は派遣社員?ないわ…」

こんな風に、マイナスポイントにばかり目を向けるようになります。

これではいい出会いがつかめるはずもない。

婚活を続ければ続けるほど、殺伐とした寂しい気持ちが積もっていくことでしょう。

まず大前提として、相手を見るとき減点方式で考えてはダメです。

加点方式で相手を見るようにしましょう。

恋愛は、相手の良いところを見つけるから好きになるのです。

最初から悪いところを探していて、恋愛したくなるはずもありません。

街コンや婚活パーティーは、いい出会いのきっかけの場。

品定めをする場所ではありません。

相手の良いところを一つでも多く見つける。

街コンや婚活パーティーで成功する人は、相手のポジティブな面を探して打ち解けるのが得意です。

面倒くさくなる症候群を打破して

これまた「街コンあるある」ですが、街コンや婚活パーティーで連絡先をゲットしても後日連絡しない男性が結構います。

面倒くさくなって、連絡するのをやめる男性が多いのです。

マリッジブルーじゃないですが、なぜか出会いを遠ざける行動をとってしまう。

「面倒くさくなる症候群」とでも呼べばいいでしょうか。

これは非常にもったいないですよ。

お相手の女性が好みじゃなくても、話してるうちに魅力的な部分が見つかるかもしれません。

たとえ見つからなくても、合コンのセッティングをお願いすることだってできますよね。

街コン後にすぐ食事に誘う

行動すれば、次につながります。

連絡をやめてしまえば、また振り出しに戻って街コンや婚活パーティーに出続けることになります。

婚活は「面倒くさくなる症候群」との戦いの連続。

打ち勝たないと先に進めません。

心当たりがある人は、10年後の自分を想像してみてください。

面倒くさくなって行動をやめたまま、10歳老けたら…後悔しませんか?

自分の服装を見直すなら写真を印刷

街コンにアンクルパンツは使えるか

最後に、服装の話をしておこうと思います。

もしかするとあなたは、自分のファッションに危機感を持っていないかもしれません。

「身だしなみには気をつかっているから大丈夫」

本当にそうでしょうか。

ところで、あなたは最近、自分の写真を見たでしょうか。

そのとき自分の写真映りが悪いと思いませんでしたか?

残念ながら、写真に写っている自分が他人から見た自分に一番近いです。

鏡で見る自分は、脳が無意識のうちに美化しているそうですよ。

自分を客観的に見るためには、写真を撮るのが一番。

スマホならインカメラでの自撮りではなく、外向けのカメラで撮影してください。

できれば、紙に印刷しましょう。

さらに客観的に見えるようになります。

自分のイメージと、写っている自分に違いはないでしょうか。

清潔感はありますか?

なんだかパッとしないと思ったら、まずは服装からイメチェンしましょう。

それだけでだいぶ変わります。

服装の変え方が分からない人は、ぜひ「メンズスタイル(MENZ-STYLE)がダサいなんてウソだぞ!街コンでの評判を紹介」を読んでください。

掲示板の口コミ情報に振り回されるリスクや、正しい考え方についてまとめています。