gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!ダサいなんて言わせない

gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!ダサいなんて言わせない

guなどでシェフパンツが人気になっていますね。履き心地もいいし、なかなか便利なアイテムです。

今回は、gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツをご紹介。きれいめコーデ・カジュアルコーデのどちらでも使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

シェフパンツとは

gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!ダサいなんて言わせない

まずはシェフパンツについて確認しておきましょう。

ざっくりと箇条書きしてみました。

  • 動きやすい
  • ゆったりとしたシルエット
  • 裾を擦らないように、少しだけテーパードがかかっている
  • ウエストはゴムかドローコード
  • カラーバリエーションが豊富
  • 素材は丈夫な綿が多め

厨房のコックさん用ユニフォームが元になっているので、動きやすいのが大きな特徴。

イージーパンツに似ていますが、さらに動きやすさを重視している感じです。

ゆったりとしたシルエットだけど、膝下から裾に向かって少し細くなるのもポイント。

いわゆるルーズテーパードと言われるシルエットで、ラフだけど清潔感を失わない絶妙なバランスで仕上げられています。

汚れても目立たないよう、カラフルで特徴的なデザインのアイテムも豊富。ちょっとだけイメチェンしたいときに重宝しますよ。

おすすめのシェフパンツ

個性的でおしゃれなグレンチェックのシェフパンツ

グレンチェックのシェフパンツがおすすめ

手持ちの服がシンプルなモノばかりという人におすすめなのが、グレンチェックのシェフパンツです。

個性的で存在感のあるデザイン。

シンプルなトップスに合わせるだけで、トレンド感のあるおしゃれなコーデが作れます。

グレンチェックは落ち着いた雰囲気もあって、ラフになりすぎないのがポイント。清潔感アップも狙えます。

【詳細はこちらから】

カーキのシェフパンツは白いトップスと相性がいい

カーキ色のシェフパンツがおすすめ

白いTシャツやセーターって、便利だけどコーデがマンネリ化しやすいのが難点。

そんな問題をサクッと解決してくれるのが、カーキ色のシェフパンツです。

ラフなようで、落ち着いた雰囲気。

清潔感を失わずに、だけど手軽に着こなせるというのが嬉しいポイントです。

黒いパンツとはまた違った良さがありますね。

モノトーン以外の色は着慣れていない人でも、カーキなら手が出しやすいはず。

マンネリ化から脱出したい人は、ぜひ試してみてください。

【詳細はこちらから】

ブルーのシェフパンツで爽やかな夏コーデを作る

gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!

酷暑の夏。

せめて見た目だけでも爽やかにしたい…というときにおすすめなのが、ブルーのシェフパンツです。

写真のように、白いスニーカーと合わせるだけでとっても爽やか!

トップスは白Tシャツでもいいし、グレー系の暗めのTシャツと合わせてもおしゃれですよ。

シェフパンツは存在感があるから、その他のアイテムはシンプルでOK。

夏のコーデが地味になりがちな人こそ、シェフパンツを積極的に履いてみてください。

【詳細はこちらから】

スマホ専用ポケット付きのシェフパンツがいい感じ

スマホ専用ポケット付きのシェフパンツがいい感じ

スマホをポケットに入れて持ち歩いている人におすすめなのが、このシェフパンツです。

足の真横の位置に、スマホ専用のポケットが付いています。

このポケットのおかげで、正面から見たときにポケットの不自然な膨らみが消える。

シルエットが崩れないから、見た目もきれいです。

見た目はスラックスっぽいけど、履き心地はもちろん楽。

シェフパンツが人気になるのも、納得です。

【詳細はこちらから】

クックマンのデニムっぽいシェフパンツ

gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!

シェフパンツといえばクックマン。

そのなかでも特におすすめなのが、デニムパンツに似たシェフパンツです。

デニムのスタイリッシュな感じはそのまま。

でも履き心地はとってもラクで、部屋着にしても大丈夫なぐらい快適です。

クックマンはデニム以外にもデザインの種類が豊富なので、シェフパンツを探す際には一度はチェックしておきたいブランドです。

【詳細はこちらから】

アンクル丈のシェフパンツで足元すっきり

gu・ユニクロ以外で買えるシェフパンツのおすすめ特集!

足元をすっきりさせたいときに便利な、アンクルパンツ。

アンクル丈のシェフパンツなら足元を爽やかに見せつつ、ラクには着こなせますよ。

縦ストライプのシェフパンツは、存在感がありながらもスタイリッシュ。

ちょっぴり個性を出しつつ、冒険しすぎないのがいいですね。

暑苦しい雰囲気を出したくないときにおすすめです。

【詳細はこちらから】