1対1街コンのコツは?成功しやすい3つの会話パターンを紹介

1対1形式の街コン。

男女ともに本気度が高いから、出会いにつながりやすい形式です。

ただし、出会いをゲットするためにはコツがいります。

2対2なら友達同士でフォローできますが、1対1だと自分が頑張るしかありません。

女性慣れしてない男性には大変です。

今回は、1対1の街コンで困らないように会話が盛り上がるパターンを3つ紹介。

相手との共通点がなくても打ち解けられますよ。

街コンは挨拶の場だ

1対1街コンのコツ

まず会話の3パターンを紹介する前に知っておいてほしいことがあります。

街コンはお互いを理解し合う場所ではありません。

初対面の他人から1歩進むための「挨拶の場」であると思いましょう。

どういうことか?

街コンの参加者を見ていると、必死で自己紹介している人が多いです。

相手への質問も、まるでインタビューのように情報を引き出して理解しようとしています。

1対1の街コンのコツ

実はこれ、大きな間違い。

究極的に言えばお互いのことを何も知らなくても、打ち解けられればOK。

お互いについて理解し合うのは、その先の話です。

1対1街コンで成功する方法

街コンで会話できる時間は非常に短いです。

せいぜい10分、長くても30分もないでしょう。

そんな中でできることは、初めて会った瞬間よりも打ち解けてスムーズに会話できるようになること。

挨拶の延長ぐらいのつもりでOKです。

そのことを頭に入れた上で、以下の3パターンを見てくださいね。

パターン①雰囲気を褒めてスタート

最もおすすめなのが、相手の雰囲気を褒めてから会話をスタートすることです。

以前「会話が続かない人へ」でも言いましたが、まずはお互いの緊張をほぐすのが大事。

相手を褒めることで、会話がスムーズになります。

相手を褒めるといっても、なんでも良いわけではありません。

明らかなウソは逆効果。

特にいきなり見た目を褒めるのは「何だこの人」と思われる可能性があるのでやめましょう。

褒めるなら雰囲気です。

「すごく上品な感じですね、お仕事はピアニストですか?」

本当にピアニストである可能性は低いでしょう。

でも、これでOK。

相手がクスッと笑ってくれれば、緊張感が和らいで話しやすくなります。

地味な感じの人だったら「知的な感じですね」とか。

オシャレな感じだったら「すごくオシャレですね、スタイリストさんですか?」なんていうのもありです。

相手を褒めると、自然な流れで会話に入れます。

職業の話に結びつけてもいいし、趣味の話に持っていってもいいでしょう。

営業トークしろとは言いませんが、おもてなしの気持ちで相手に接してくださいね。

パターン②素朴な気持ちで場をつなぐ

初対面の異性と1対1で話し続けるのは難しいです。

ふと、沈黙してしまう瞬間もありますよね。

そんなときに場をつなぐのに便利な方法があります。

素朴な気持ちを伝えることです。

「なんだか緊張しちゃって…照れますね」

「こういうとき、どんな話をしたらいいのか迷いますね」

こんな風に、飾らずに自分の不安や緊張していることを伝える。

これも立派な戦術です。

良いところを見せようと身構えて話してしまうと、相手も身構えてしまいます。

なかなか本音の話ができません。

自分から素朴な気持ちを話して構えをとけば、相手の緊張感も少し減ります。

パターン③会場近くの情報をネタにする

会話が苦手な人は、相手との共通点を探そうとして失敗しがちです。

初対面の相手と共通点が見つかることは少ないので、会話に詰まってしまいます。

そこで考え方を変えましょう。

1つ、誰にでも通用する会話のネタを用意しておけばいいのです。

例えば街コン会場周辺のカフェの話とか。

もうすぐ行われるイベントの話でもいいと思います。

「この近くに、オシャレで美味しいカフェがあるよ」

「あの店の限定スイーツ食べたことある?」

「今度こんなイベントがあって…」

お店の話やイベント情報なら、デートに誘う口実にもなります。

集めておいて損はありません。

メッセージカードは必ず使い切ろう

街コンのメッセージカード

1対1の街コンでは、最後にカップリングを行うことが多いです。

でも、それとは別にもう一つアプローチの機会があります。

それがメッセージカードです。

メッセージカードとは、最後のカップリングとは別で異性に連絡先を渡すためのもの。

会社によってアプローチカードなど呼び方は様々ですが、1対1の街コンではよく見かけます。

街コンのメッセージカード

最後にカップリングできなくても、合コンをセッティングできるかもしれません。

返事が返ってきたらラッキーぐらいのつもりで、どんどん活用すべきです。

第一印象カードは多めに丸をつけて

街コンの第一印象カード

1対1の街コン(婚活パーティ)では、途中で第一印象カードを記入することがあります。

意外とこのカード、上手に活用していない人が多いです。

この段階では、相手を絞り込む必要はありません。

なんなら全員に丸をつけてもいいぐらいです。

相手が好みのタイプではなくても、合コンで交友関係を広げられるかもしれません。

話しているうちに、良いなと思う可能性だってあります。

自分から出会いのチャンスをシャットアウトすることがないようにしてくださいね。

自分の笑顔を最近いつ見た?

会話ネタを用意しても、まだ万全ではありません。

笑顔がない男性は、どんなに頑張っても不利になってしまいます。

当たり前のこと?

そう、当たり前なのですができていない男性は多いですよ。

参加者を見ていると、きちんと笑顔で接している男性は7割ぐらいでしょうか。

10人中3人ぐらいは無表情で会話しています。

本人の自覚がないところが、見ていて辛いです。

あなたは最近、自分の笑顔を鏡で見ましたか?

笑顔が苦手な人でも練習すれば、必ずできるようになります。

街コンでは笑顔をキープ。

笑顔をマスターしただけでも結果は変わります。

服装は20代前半と同じじゃダメ

8月の街コンにTシャツはリスクがある

会話内容に重点を置いてお話しましたが、上手くいくイメージができたでしょうか。

最後に一つだけ付け加えるなら、服装です。

服装で失敗してしまうと、相手の女性は一気に引いてしまうので注意しましょう。

特に20代前半の頃から服装が変わっていない人は要注意。

今のあなたに合っていないですよ。

アラサー以上の男性の服装は清潔感が命。

いつまでもロゴTシャツやパーカーを着ていたら、汚いおっさん化してしまいます。

清潔感がある服装とは何か?

詳しくは「おすすめの服・コーデ」をご覧ください。