街コン後の食事デートで私服がなくて焦るヤッさん③【ボトムスを変えればカッコイイコーデができる】

前回、街コン常連になってしまったヤッさんにスーツで参加してもらいました。

>>スーツで街コンに行った話はこちら

今回はその続き、第3話です。

2人の女性と後日会うことになってウハウハのヤッさん。

浮かれているので厳しいツッコミを入れました。

「ヤッさん、デートもスーツで行く気?前みたいな私服だと100%ガッカリされるよ」

動揺するヤッさん。

その様子を見て、私はこのようにアドバイスしました。

「ヤッさん、ボトムスを買いましょう。」

ドレス感をプラスするアイテムが必要

前回、ヤッさんに私服を写メで送ってもらって気づいたのですが、

ヤッさんの私服は基本的にカジュアルすぎです。

デニムにTシャツ、パーカーみたいなカジュアルファッション。

アメカジが悪いわけではないんですが、

日本の男性、特に20代後半以降の男性はカジュアルすぎるとダサくなりやすいんです。

カジュアルアイテムだけでお洒落にコーデしようとすると、かなり大変。

でも、ドレス感のある服を加えるとグッとコーデが楽になります。

ドレス感とは、フォーマルな服をイメージしてもらうと良いです。

代表的なのはスーツとか礼服。

私服にも少しドレス感を取り入れると、清潔感が大幅に上がるのです。

注意するべきは3つ。

シルエット、色、素材です。

ドレス感のある服は、細身のシルエットで色はモノトーンですよね。

ドレス感のあるアイテムは細身のシルエットが基本です。

ダボダボの丈のズボンやジャケットを着たサラリーマンは変ですよね。

私服だって同じなんですよ。

では、具体的にどうすれば良いのか。

一番簡単な方法は、ボトムス(パンツ)をドレス感のあるものに変えることです。

黒スキニーデニムがイチオシ

ヤッさんには、このパンツを買ってもらいました。

黒スキニーパンツ

しかも店に行かず、通販で。

なぜ実店舗で買わないかというと、混乱するからです。

パンツでもスリムパンツと呼ぶものや、チノパン、カーゴパンツ、ジョガーパンツ…

色んなものがあります。

素材も色も様々。

いきなりお店で服を見ても、何を買えばいいのか分からなくなることが多いんです。

なぜ、黒スキニーパンツを進めたのか?

答えは、黒スキニーパンツはバランスがいいんです。

黒色はドレス感のある色で、スキニーパンツは細身のシルエットを作るのでドレス感があります。

でも、デニム生地のおかげで、フォーマルすぎずカジュアルな要素も入っています。

このパンツなら、ヤッさんが今持っているトップスと合わせても大丈夫。

そう判断したんです。

ちなみに、ヤッさんにはここで買ってもらいました。

>>詳細はこちらから

黒スキニーパンツは使える

黒スキニーパンツは一つあると、コーデがグッと楽になります。

制服のような感覚で、何も考えずに履けるんですよねえ。

締めつけ感が嫌な人は、足元だけ細身になっているテーパードパンツもOKです。

次回は黒スキニーパンツを手に入れたヤっさんの第四話です。

>>ヤっさんの第四話はこちら

背が低い男やっさんが街コンで出会いをつかみ始める④

今日は、街コン常連客のやっさんの実話第4話です。

前回、デートや街コンに使える私服がなくて焦っていたやっさんに、おすすめのボトムスを紹介しました。

>>ボトムスの詳細はこちら

着回ししやすい黒スキニーパンツを手に入れたやっさん。

完全にお洒落に目覚めたようです。

デートに誘った女性とは進展しなかったのですが、自信を持った様子。

また次の街コンに意気揚々と参加するやっさん。

ですが、今回はその自信が間違った方向性に行きかけました…

街コンの服装で大事なこと

前回、やっさんに黒スキニーパンツをおすすめしたときに「カジュアル要素を減らして、ドレス感を増やすとお洒落」とアドバイスしました。

今回の街コンではどんな服装で来るかな?と楽しみにしていました。

でもまだ心配。

念の為、事前に本番で着て行くコーデの写メを送ってもらいました。

すると、そこに映しだされたのは、黒ジャケット、黒シャツ、黒スキニーパンツの全身黒ずくめの男!

黒ジャケットに黒シャツ

怪しいコードネームを持っていそうなファッションだったんです。

慌ててとめましたよ^^;

「やっさん、やり過ぎです!その格好では女性が警戒しちゃいます」

街コンで大切なのは警戒心を解くこと

街コン用のファッションは、ただ単にドレス感満載のコーデにすればいいのではありません。

明日が街コンで、着て行く服がないならスーツをおすすめします。

でも私服で行く場合はカジュアルとドレスのバランスが大事です。

そして何より、誠実そうに見えること。

確かに全身黒でまとめるファッションもあります。

黒シャツ、黒ジャケット、黒スキニーパンツってカッコいいです。

でも、街コンでは怪しさ満点です。

街コンの参加者を見てみると、100人に1人ぐらいは怪しいファッションの人が来るんですよ。

いくらカッコよくても、相手の警戒心を刺激する服装はNGです。

黒シャツというのは、ドレス感が強いアイテムです。

黒シャツ

うまくカジュアルなアイテムとバランスをとらないと、親しみやすさがなくなってしまうんです。

黒シャツのコーデの具体例については、次回紹介したいと思います。

黒シャツをグレーのニットにチェンジ

今回のやっさんのコーデはやり過ぎでした。

そこで、黒シャツをグレーのニットに変えてモノトーンコーデを作ってもらいました。

黒ジャケットとニット

ニットはカジュアルにもドレス(フォーマル)にも見せられるアイテムです。

優しい雰囲気を出せるのでジャケットとの相性は良好。

このアドバイスが良かったのか、やっさんはまたデートの約束を取り付けることに成功しました。

この続きはまた次の機会にお話します。

>>ヤっさんの第五話はこちら

街コン用のメンズファッションはシルエットを意識すべし

私は街コンの運営スタッフでのべ5000人近くの参加者を見てきました。

(私が見てきた実例については、こちらを参照)

第三者視点で観察していると、街コンで成功する人とダメな人には服装の傾向がありました。

今回は、街コン攻略に必須の服装の法則についてお話します。

ファッションの基本シルエットは3パターン

まず、ファッションでお洒落に見えるシルエットには3つのパターンがあります。

Iライン、Yライン、Aラインシルエットです。

ファッションの基本シルエット

この3つの基本パターンを抑えれば、「ダサい」とか「くたびれた感じ」にはなりません。

Iラインは細身のシルエットの服で全身を合わせたもの。

Yラインは、トップスにボリュームを持たせて、ボトムスは細くしたコーデ。

Aラインは、トップスを細身にしてボトムスにボリュームをもたせたシルエットです。

男性の私服ってかっこ良く着こなしてる人が少ない気がしませんか?

これは、上半身も下半身もダボッとしたシルエットになってるのが原因。

男性は細身のパンツを履くのを嫌う人が多いし、丈が合ってない状態で履いてる人もいます。

ファッションは足元から。

ボトムスがおかしいと全体的な印象がダサくなってしまうからなんです。

Iラインコーデは万能型

Iラインシルエット

まず、私達がよく見かけるのがIラインシルエット。

スーツ姿のサラリーマンがこれですね。

トップスもボトムスも、細身のシルエットです。

どちらかと言うと、カジュアルよりもドレス(フォーマル)な印象をもたせてくれるシルエットです。

初対面が多数集まる街コンでは、圧倒的にIラインコーデが有利です。

そして、Iラインコーデを目指すと街コン以外でもファッションで失敗が少なくなります。

この理由については後ほどお話します。

Yラインコーデは体型カバーしたい人におすすめ

Yラインコーデ

トップスにボリュームをもたせたYライン。

体型が気になる人にぴったりのコーデです。

ボトムス選びを間違えなければ、パーカーやダウンジャケットなどもお洒落に着こなせます。

街コンで成功する人は6割がIライン、3割がYラインコーデの服を着ていました。

Iラインよりもカジュアルな印象になりやすい。

その分、優しく親しみやすい雰囲気を作りやすいのかもしれません。

ポイントさえ外さなければ、街コンでも活躍できるファッションです。

Aラインはラフでワイルドな印象に

Aラインシルエット

最後にAライン。

男らしさやラフな印象になりやすいファッションですねえ。

街コンではこのコーデはあまりおすすめしません。

カジュアルすぎると街コンでは不利になることが多いんです。

詳しくは、「街コンで女子ウケがいいファッション」をご覧ください。

Aラインはキマるとかっこいいコーデなんですが、失敗するとすぐにダサくなります。

近所のコンビニに行くオジサン状態にならないように、注意しながら作らないといけないコーデです。

Iラインシルエットがおすすめの理由

街コンでIラインシルエットがおすすめの理由は2つ。

ひとつ目は失敗が少ないことです。

ボトムスを細身でスッキリしたシルエットにしておけば、

トップス選びがグンと楽になります。

細身のトップスならIラインになるし、トップスにボリュームを持たせてもYラインになるだけです。

どちらにしてもお洒落に見えるシルエットを守ることができます。

ふたつ目の理由は、街コンでの女子ウケがいいこと。

街コンでは多くの男性がカジュアルな服を着ていますが、カジュアルすぎると信用度が落ちます。

親しみやすさは出るかもしれませんが、話に説得力がなくなるんです。

街コンでは仕事は何をしてるか、どんな生活をしているかという話題が出てきます。

あまりにカジュアルな服だと、実際は金持ちでも貧乏に見えてしまう…なんてこともあります。

実際、街コン連敗中の常連客にスーツを着てもらったら、上手くいったこともあります。

(詳細は「街コンでスーツは使える」を参照)

街コンでは親しみやすさよりも誠実さをアピールするほうが効果的。

基本的には、カジュアルな要素よりもドレス(フォーマル)な要素が多い服装がおすすめです。

迷ったら黒スキニーパンツ

「よし!さっそく服を揃えよう!」

意気揚々とお店に行ったとしても、何を買ったらいいのか分からなくなるのがファッションの難しさ。

「このトップスは細身?色は?素材は?」

考えることが多いんです。

ファッションの迷路にはまらないように、最初は黒スキニーパンツを買うのがいいと思います。

ボトムスを固めておけば、ボトムスに合う服を探す作業に集中できます。

詳しくは「街コンで女子ウケがいい黒スキニーパンツ」で解説していますが、街コンではモテるか失敗するかはボトムスを見ればすぐに分かるんです。

街コンで女子ウケがいいメンズファッションは黒スキニーパンツがおすすめの理由

街コンに着て行く服はどうしよう…

そう思いながら、「とりあえずこんな感じでいいや」で済ませてる人が多いです。

でも…

今までモテなかった人が、今まで通りで街コンに参加したとしたら…

いい結果が出ると思いますか?

私は街コンスタッフとしてたくさんの参加者を見てきましたが、

服装を変えたほうがいいと思う人は大勢います。

街コンという場所は特殊

街コンで初対面の男女がたくさん集まる。

これって特殊な状況ですよね?

「合コンと同じでしょ?」と言う人もいますが、全く違います。

合コンと街コンの違いは、出会う異性がたくさんいること。

次から次へとたくさんの異性と出会う場所というのは、かなり特殊な状況です。

では、街コンに参加している女性が男性を見た時、最初はどんな心理状況か分かりますか?

女性の気持ちを一言で表すと、「この人はまともな人かな?」になると思います。

街コンでは全く相手のことを知りません。

「どんな人なんだろう?」「ちゃんと働いてる?」「生活はまとも?」

世間話をしながら、相手がどんな人なのか探っています。

つまり、街コンでは最初に「不信感」を解消しないといけません

ビジネスの場では肩書が信用につながりますが、街コンでは肩書を出しても効果はいまひとつ。

言葉だけを鵜呑みにする女性はほとんどいません。

その代わりに、あなたの服装や仕草をよく見ています。

例えば、「私は年収1000万円」というのをアピールするとしましょう。

ところが、稼いでるはずの男性の服がヨレヨレだったらどう思うでしょうか?

「本当に稼いでるの?」って思われて終了…挽回する時間はありません。

清潔感のある服装は足元から

街コンではどんなファッションが良いのか。

色んなところで必ず出てくるのが「清潔感」

清潔感のあるファッションって、どんなファッションでしょう?

きちんと洗濯してるとか、そういう問題ではないですよ。

もちろん、ちゃんと洗濯はしてくださいね^^;

パッと見た時に感じる清潔感とは、シルエットで決まります。

以前、「街コン常連客がスーツで参加した実話」でも触れましたが、

街コンではカジュアルな服にすればするほど、だらしなく見えるリスクが高まります。

例えばこのダボダボのパンツの着こなし方。

ダボダボのパンツ

次に、こちらのパンツ。

黒スキニーパンツ

さて、どちらが印象がいいでしょうか?

答えは下ですよね。

ダボダボのシルエットはカジュアルな服ではよく見かけますが、清潔感は生まれません。

スーツや礼服のように細いシルエットの服にしたほうが清潔感は出しやすいです。

黒スキニーパンツがいい理由

黒スキニーパンツのいいところは、

カジュアルなトップスと合わせても清潔感が出せることです。

足元のシルエットがスッキリして、ファッションでお洒落に見えるパターンにハマりやすい。

失敗が少ないアイテムなんです。

街コンで女性との出会いをゲットしたいなら、まずはボトムスを揃えるのが一番。

今持っている服の魅力を最大限引き出せます。

詳しくは、「街コン用の服はシルエットを意識すべし」をご覧ください。