街コン後の食事デートで私服がなくて焦るヤッさん③【ボトムスを変えればカッコイイコーデができる】

前回、街コン常連になってしまったヤッさんにスーツで参加してもらいました。

>>スーツで街コンに行った話はこちら

今回はその続き、第3話です。

2人の女性と後日会うことになってウハウハのヤッさん。

浮かれているので厳しいツッコミを入れました。

「ヤッさん、デートもスーツで行く気?前みたいな私服だと100%ガッカリされるよ」

動揺するヤッさん。

その様子を見て、私はこのようにアドバイスしました。

「ヤッさん、ボトムスを買いましょう。」

ドレス感をプラスするアイテムが必要

前回、ヤッさんに私服を写メで送ってもらって気づいたのですが、

ヤッさんの私服は基本的にカジュアルすぎです。

デニムにTシャツ、パーカーみたいなカジュアルファッション。

アメカジが悪いわけではないんですが、

日本の男性、特に20代後半以降の男性はカジュアルすぎるとダサくなりやすいんです。

カジュアルアイテムだけでお洒落にコーデしようとすると、かなり大変。

でも、ドレス感のある服を加えるとグッとコーデが楽になります。

ドレス感とは、フォーマルな服をイメージしてもらうと良いです。

代表的なのはスーツとか礼服。

私服にも少しドレス感を取り入れると、清潔感が大幅に上がるのです。

注意するべきは3つ。

シルエット、色、素材です。

ドレス感のある服は、細身のシルエットで色はモノトーンですよね。

ドレス感のあるアイテムは細身のシルエットが基本です。

ダボダボの丈のズボンやジャケットを着たサラリーマンは変ですよね。

私服だって同じなんですよ。

では、具体的にどうすれば良いのか。

一番簡単な方法は、ボトムス(パンツ)をドレス感のあるものに変えることです。

黒スキニーデニムがイチオシ

ヤッさんには、このパンツを買ってもらいました。

黒スキニーパンツ

しかも店に行かず、通販で。

なぜ実店舗で買わないかというと、混乱するからです。

パンツでもスリムパンツと呼ぶものや、チノパン、カーゴパンツ、ジョガーパンツ…

色んなものがあります。

素材も色も様々。

いきなりお店で服を見ても、何を買えばいいのか分からなくなることが多いんです。

なぜ、黒スキニーパンツを進めたのか?

答えは、黒スキニーパンツはバランスがいいんです。

黒色はドレス感のある色で、スキニーパンツは細身のシルエットを作るのでドレス感があります。

でも、デニム生地のおかげで、フォーマルすぎずカジュアルな要素も入っています。

このパンツなら、ヤッさんが今持っているトップスと合わせても大丈夫。

そう判断したんです。

ちなみに、ヤッさんにはここで買ってもらいました。

>>詳細はこちらから

黒スキニーパンツは使える

黒スキニーパンツは一つあると、コーデがグッと楽になります。

制服のような感覚で、何も考えずに履けるんですよねえ。

締めつけ感が嫌な人は、足元だけ細身になっているテーパードパンツもOKです。

次回は黒スキニーパンツを手に入れたヤっさんの第四話です。

>>ヤっさんの第四話はこちら

黒スキニーで食事デートコーデ【モノトーンで上品なメンズファッションへ】

大人の男のメンズファッションでは必須の黒スキニーパンツ。

食事デートで使える全身コーデをいくつかご紹介します。

黒パーカーでカジュアルなのに落ち着いた雰囲気に

黒パーカーと黒スキニーパンツのコーデ

まずはこちらの黒パーカーとシンプルな白のインナーを使ったコーデ。

一つ一つの服はカジュアルなんですが、

色使いがモノトーンでまとまっているので上品で落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

バッグをあえてカジュアルなものを合わせてみるとまた雰囲気が変わります。

非常にシンプルですが使い勝手がいい着こなし例です。

動きやすいしお腹いっぱい食べても窮屈に感じないので、リラックスしたままデートを楽しむことができます。

グレーのジャケットやTシャツと合わせるとまとまる

黒スキニーはモノトーンコーデが一番簡単にまとまります。

こんなグレーのジャケットやTシャツを使ったコーデも相性がいいです。

グレーのジャケットと黒スキニーパンツ

夏は重ね着風のTシャツだけでもカッコよく見えるので便利。

重ね着風のグレーのTシャツ

グレーのシンプルなトップスは使い勝手のいい万能アイテムですねえ。

目立つシャツと白ニットのコーデ

白のニットの中に目立つ柄のシャツを着込んだコーデも面白いです。

白ニットと黒スキニーパンツ

シャツを外に羽織ってしまうと派手でまとまりがないコーデになる場合でも、

中に入れてしまうことで落ち着くパターンが結構あります。

袖をまくって、手首もシャツが少し見えるようにするのもありです。

ニットを着ると首周りがチクチクして嫌な人も、

シャツを中に着れば首周りがニットに触れないので安心して着られます。

 
>>詳細はこちらから