街コンに普段着で参加する男は失敗する!悲しい理由を解説

街コンに参加することが決まると、服で悩みますよね。

着ていく服がない

悩んでるうちに面倒になる

普段着で参加する

これ、典型的な失敗するパターンです。

あなたも同じ状態になりかけているのではないでしょうか。

なぜ普段着だと失敗するのか?

どういうコーディネートが街コン向きなのか?

写真を使いながら紹介します。

男の普段着が通用しない理由

街コンに普段着で参加する男性はダメ

初対面の人ばかりが集まる街コンでは、普段着は通用しません。

なぜなのか?

まずは理由を箇条書きにしてみました。

・生活感が出る(清潔感がない)

・稼いでなさそうに見える

・年齢に合っていない

納得いくような、いかないような…半信半疑ですか?

それでは、実際の街コンの状況を想像してみてください。

相手の女性の立場になって想像すると、納得してもらえると思います。

街コン

まずは確認です。

街コンで出会う女性は、あなたのことを何も知りませんよね。

初対面同士です。

そして情報ゼロの状態で、いきなり対面に座ります。

「どんな人なんだろう?」

相手の女性は、ちょっぴり不安を感じながらあなたを見ます。

不安を解消するために、見た瞬間から少しでもあなたのことを推測しようとするのです。

この瞬間、判断材料は顔・服装・挨拶の3つだけ。

たった3つの要素で、あなたがどういう人か推測されてしまうのです。

改めて相手の女性の立場になって想像してみましょう。

ビシッとジャケットで決めた男性。

街コンは普段着よりジャケットコーデが良い

ラフなTシャツ姿の男性。

街コンに普段着で参加すると失敗する

どちらが生活力があって、信頼できそうですか?

見た目だけで言うならジャケットを着た人のほうが信頼できそうな気がしますよね。

納得いかないでしょうか。

では、別のシチュエーションに置き換えて考えてみてください。

病院の診察室をイメージしてみましょう。

白衣を着た医者。

派手なTシャツ姿の医者。

仮にあなたが患者だった場合、どっちの医者が信頼できそうですか?

診察室の医者がラフな服装だと不安になると思います。

街コンでも同じです。

あなたの服装を見て、あなたのキャラクターを想像されてしまいます。

30歳過ぎなのに、20歳の学生みたいなラフな服装だったら「この人大丈夫かな」と思われるだけです。

街コンに普段着で参加する男性はダメ

ラフな服装にこだわると、年をとった分だけ清潔感も信頼感も失う可能性大。

悲しいですが、それが現実です。

それでも日常生活なら、時間をかけてお互いを理解し合うチャンスがあります。

でも街コンは短期決戦。

一人ひとりと話す時間は、長くても10分程度でしょう。

街コンという特殊な空間では、第一印象でダメだと思われたら挽回できずに終了です。

だからこそ、街コンではいつも以上に服装が大事です。

そこに気づけるかどうかで成功率が大きく変わります。

服を変えて成功する例は多い

街コンは普段着よりきれいめカジュアル

街コンでは服装が大事です。

実際に私がアドバイスしたことで、成功した人が何人もいます。

例えば当ブログで紹介した「ヤッさん」。

すっかり街コン常連になっていましたが、服装を変えてから成功率が上がりました。

(詳しくはこちらを参照)

顔や体型・職業を変えるのは大変です。

でも服装ならすぐです。

「面倒だから…」

「分からないから…」

そんな気持ちでチャンスを棒に振るのはもったいないと思います。

ジャケットで街コンに対応できる

普段着からジャケットコーデに変えよう

普段着を街コン向きのファッションに変えるなら、ジャケットを利用するのが一番手っ取り早いです。

例えばTシャツにデニムパンツ。

上にパーカーを羽織ると完全に普段着ファッションになって、街コンには不向きです。

街コンにパーカーは普段着すぎてダメ

そのパーカーを、ジャケットにすれば…

これだけでも、見た目の印象がガラッと変わります。

街コンにはビジネスカジュアル

すでに勘が鋭い人ならお気づきかもしれません。

清潔感を出したいなら、カジュアルさを減らして「キッチリ感」を増やすのが楽なのです。

最近は「ビジネスカジュアル」「きれいめカジュアル」なんて言いますね。

目指すべき方向性は、そちらなのです。

街コンは普段着よりジャケットコーデ

女子ウケ最悪の普段着で参加するぐらいなら、スーツで参加したほうが100倍マシです。

私服でジャケットを避ける人が多いですが、実は着回しが楽なアイテム。

パーカー感覚で羽織るだけで見栄えが良くなりますよ。

>>おすすめのジャケットコーデの話はこちら

迷ったらセットアップコーデ

街コンには普段着よりセットアップコーデが良い

以前、当ブログで「ジーパンは街コンに不向き」という話をしました。

これもカジュアル要素を減らす取り組みの一つ。

下半身をきれいめカジュアルで揃えると、ファッションの難易度がグッと下がるのです。

特におすすめは、セットアップコーデ。

ジャケットとパンツの色を揃えれば、ほぼ完成です。

セットアップコーデ

インナーは、シンプルなTシャツやニットセーターでOKです。

ファッションセンスに自信がない人は、スーツ姿を基準にしましょう。

スーツ姿に少しずつカジュアル要素を足すイメージ。

そこから始めれば大きな失敗はしないはずです。

清潔感はキッチリ感だ

いかがでしょうか。

あなたの普段着は、初対面・短時間勝負の街コンでは不利です。

清潔感とはキッチリ感。

ジャケット中心のシンプル・きれいめカジュアルで大人のキリッとした魅力を引き出してください。

最近は手軽にイメチェンできる通販サイトも増えています。

街コン向きの全身コーデを簡単に買えて便利ですよ。

詳しくは「街コン向きの服が揃う通販サイトを集めてみた」をご覧ください。

街コンにジーパンで行くと失敗する!?意外な理由が判明

あなたは街コンで、どんなパンツ(ズボン)を履いていますか?

ジーパンでしょうか。

普通の合コンやデートならそれでも問題ありません。

でも街コンという場所に限ればNGです。

運営スタッフとして参加者を見てきた私に言わせると、ジーパンは出会いゲットの確率を下げる可能性が高いと考えます。

ジーパンの何が悪い!?

街コンではジーパンはNG

街コンという場に限れば、ジーパンには大きな欠点があります。

街コンでは女性は座ったままで、男性が席を移動する形式が多いですよね。

男性が立ち上がった直後、女性から見ると男性のジーパンが汚く見えやすいのです。

座っている女性から見ると、男性が席を移動している間は視界にジーパンが飛び込んできます。

街コンではジーパンを履くと嫌われる

目の高さに近いので、普段は気にならないレベルでも汚く見えてしまうことがあるのです。

例えばこういうシワとか。

色落ち具合とか…

座った女性から見たジーパン

ジーパンなんだから普通のことなんですが、いざ至近距離で見ると気にする女性が多いようです。

お互いが立ち上がった状態なら気にならないんですが、男性が立っていて女性が座っている状態では見え方が違います。

男性が全員ジーパンなら差は生まれません。

でも実際にはスラックスなど綺麗に見えるズボンを履いている男性もいるのです。

きれいなシルエットのズボンと比べてしまうと、ジーパンはどうしても清潔感がないように見えてしまうようです。

成功率を高めるズボンとは

私服はジーパンしか持ってないという人も中にはいるかもしれません。

もし1%でも可能性を上げたいなら、ズボンは新しく手に入れたほうがいいと思います。

例えば、こんなズボンがおすすめ。

街コンにおすすめのズボン

黒のスラックス。

シルエットをよく見ると、足首に向かって細くなるテーパードになっています。

街コン用の服装を整えるなら、このようなテーパードパンツが必須。

足元をスッキリ綺麗に見せるだけでもセンスがよく見えますよ。

ジーパンで街コンに通用する清潔感コーデを作るには、高いテクニックが必要です。

ファッションに自信がない人ほど、ズボンはきれいめデザインを選ぶべきです。

服装を変えると女性の反応が変わる

街コンに参加者している男性を見ていると「もう少し服装に気を使えばいいのに」と思うことがよくあります。

ネットで検索すると「カジュアルな服装で良い」と書いてあったりしますが大間違い。

実際に街コンで女子ウケがいいのは、シンプルなきれいめファッションです。

4月の街コンの男の服装

ところが掲示板やSNSでは、こういう服装は「普通すぎ」「無難」などと言われることが多いのです。

なぜ現実とネットの口コミでズレが発生してしまうのか?

街コンという特殊な場所を考慮せず、女性の気持ちが分かっていないからです。

もしあなたが、自力できれいめファッションを作る自信がないなら全身コーデが買える通販サイトがおすすめです。

写真のとおりの服が買えるので、無駄な買い物をする必要がありません。

>>全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイトはこちら

街コンで女性から嫌がられるファッションの共通点とは

私は街コン運営スタッフとしてたくさんの参加者を見てきて確信したことがあります。

街コンで女性との出会いの確率を少しでも上げたいなら、いつもと同じ服装ではダメ。

街コンには街コン用の服装がある。

今日はどんなファッションが女性から嫌がられるのかお話します。

まずズボンの丈を合わせろ

「まずズボンの丈を合わせましょう」

こう言うと必ず「当たり前だろ」「できてないヤツいるのかよ」とツッコまれます。

ところが、参加者を見ているとこんな着こなしの人が多いです。

街コンで嫌がられる男の服装

これは街コンでは損をするファッションです。

以前、「清潔感のある男の服装とは具体的にどんなものか」という回でも触れましたが、街コンでは不信感をどう振り払うかを考えないといけません。

例えばビジネスの現場で、初めて交渉する取引先に行ったとしましょう。

担当者のスーツのズボンがこんな風になっていたら…変に思いますよね。

街コンでもそれに近い感覚だと思ってもらえたらいいと思います。

こういうカジュアルさが街コンで許されるのは20代限定です。

シルバーアクセサリーは不要

ファッションのアクセントして、こういうシルバーアクセサリーをつけてる人もいます。

街コンでシルバーアクセサリーは嫌がられる

これくらいのネックレスならシンプルで良さそうですよね。

でも、初対面の人が集まる街コンというイベントに限ればNGです。

私はこれまで参加者を見てきて、シルバーアクセサリーを着用した男性の成功率が極端に低いことに気づきました。

似合う・似合わないに関係なく、確率は半分以下になるようです。

街コンという場では、シルバーアクセサリーは「軽そう」「稼いでなさそう」という印象に見えます。

年齢が上がるほどカジュアル度を下げるべし

特に30代の男性に意識して欲しいのですが、服装が20代のときと変わっていないのではないですか?

これは危険な傾向です。

最初からドレス感(フォーマル)な要素が多めの服装をしていたなら大丈夫ですが…

Tシャツの上にパーカーを羽織って、下はデニム。

これが30代になっても定番のスタイルなら今すぐ服装を変えましょう。

ジャケットを使った清潔感重視コーデにするか、ズボンだけでも黒スキニーパンツに変更することをおすすめします。

その理由については、以前「街コンに相応しい男の服装とは」でも触れました。

30代男性のカジュアル要素満載の服装は、ハッキリ言って結婚相手探しの場では大損です。

仮に街コンに参加した男性全員が似たようなカジュアルファッションなら問題ないんですが…

参加者の中にはジャケットなどでフォーマルに近いコーデで来る人が必ずいます。

そういう男性と横に並んだ時に、ものすごく見劣りするんです。

貧相というか、だらしないように見えちゃうんですよ。

私も街コン運営スタッフとして働くまでは全く気づきませんでした。

30代になったら、フォーマルに近づけた服装を意識することが街コン成功の近道です。

 
>>安いジャケットで好印象なコーデは作れる